子供に喜ばれるランドセルを贈ろう

ランドセルは小学校生活を彩る大切なアイテムです。6年間使い続けるのは子供本人なので、プレゼントする場合は子供に喜ばれるランドセルがベストです。色やデザインは子供本人に選ばせて素材の部分は体になじみやすい牛革やコードバンなど大人目線で選んであげるのがポイントです。

ランドセルを買うときに見るポイント

ランドセル

重さと耐久性はどうか

ランドセルは本体そのものでも大変重量があり、新入生の頃は学校の往復だけでも体力を消耗します。最近では軽さが売りのランドセルも増えてきていますが、軽いだけでは耐久性に不安が出てくる事もあります。例えば牛革などは耐久性がありますが、人工皮革は軽さが売りです。重さと耐久性、どちらも偏らずバランスのいいランドセルを選ぶようにしましょう。

色とデザインは飽きないか

ランドセル選びで悩むのは色とデザインです。特に女の子は自分で好きな色を選びたい傾向にあり、何週間もかかってやっと決まるというパターンも少なくありません。ただしあまり奇をてらった色や流行りに乗じたデザインはその時は良くても飽きられやすいものでもあります。子供目線だけで選ぶ事が心配ならば、好みのタイプから何点か親が選びその中から選ぶと安心ですね。

A4サイズが入るか収納性はどうか

小学生が持ち帰るプリントの大きさはA4規格が一般的です。クリアファイルなどでまとめた資料を持ち帰る事もあるので、A4サイズの書類が収まる大きさのランドセルが良いでしょう。男の子はランドセルになんでもかんでも詰め込んで持ち帰ってくることもあるのでA4サイズが入るだけでなく、収納性のあるランドセルもおすすめです。以前は牛革などのランドセルはA4サイズが入りにくかったのですが現在は大きく作られている傾向にあります。

事もあるので、A4サイズの書類が収まる大きさのランドセルが良いでしょう。意外と男子はランドセルになんでも

かんでも詰め込んで持ち帰ってきます。男子ならA4サイズが入るだけでなく収納性のあるランドセルもおすすめです。

革にも種類がある

ランドセルに使用する革には、色やデザインが豊富で軽い人工皮革の「クラリーノ」や長く使うことによりなじみが出てくる天然皮革の「牛革」、「コードバン」などがあります。その中でも人気なのは牛革です。牛革はコードバンほど重くなく、クラリーノよりは引裂に強いのでランドセル素材の中では定番の革タイプとなっています。実際に背負ってみて大人も子供も「これは良い」と感じた素材を選んでください。

牛革ランドセルと人工皮革でできたランドセルの違い

牛革ランドセルとは

牛革は天然素材です。自然の風合いと長期間使用しても丈夫に使えるという特徴があります。一昔前は手入れが大変と言われていましたが、今では撥水加工やなめし技術が発達しているので牛革ランドセルのデメリット部分をあまり感じる事なく使用することができます。

人工皮革との違いとは

人工皮革は一般的にクラリーノと呼ばれており、軽くて丈夫でデザインも豊富ですが、軽い分耐久性も低く、長い期間使っていると劣化が目立つケースもあります。牛革に比べると価格もリーズナブルなので手軽なランドセルとして人気があります。

ランドセル選びに大切なのは子供と大人が満足するということ

子供

1つ1つ手作りされたランドセルが人気

ランドセル選びは入学前の大きなイベントの一つです。小学校生活の6年間を一緒に過ごすアイテムなので「せっかくだから一つ一つ丁寧に手作りしてもらったランドセルを」と手作りのランドセル工房に子供のランドセルを依頼する親御さんが増えています。手づくりランドセルの魅力は子供の体つきに合わせた世界に一つだけのランドセルを作ってもらえるところにあります。例えば牛革のランドセルは「重い」と言われていましたが、体にちゃんとフィットするものであれば負荷はなく、丈夫で長持ちなので手づくりランドセルの素材として人気です。早いと入学の一年前から予約を入れないといけない工房もあるので、手づくりランドセルを選ぶ際はお早目に。

広告募集中